fc2ブログ

遠州浜松「里の家」里山の暮らし

浜松市北区都田町の里山に魅せられて、森と田んぼと畑のある里山、築120年の古民家で暮らし、みやこだ自然学校をしています。

第10回 グッドライフアワード環境大臣賞 最優秀賞を受賞しました

一般社団法人 里の家は
第10回 グッドライフアワード
環境大臣賞 最優秀賞を受賞しました。
2022年11月21日正式発表がありました。

https://www.env.go.jp/press/press_00825.html

最優秀賞(1件)
・  懐かしい未来を里山からつくる「里の家」~風の子、海の子、里山体験~
     【一般社団法人 里の家(静岡県)】

副賞
記念品、表彰状贈呈 / 特集ページの制作 / プロモーションビデオの制作

———————————————

環境省が主催する「グッドライフアワード」は、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取組を募集して紹介、表彰し、活動や社会を活性化するための情報交換などを支援していくプロジェクトです。

環境省では持続可能な循環型社会の実現に向けて、世界共通の目標であるSDGsのもと、「地域循環共生圏」をローカルSDGsと位置づけ、普及啓発と自立分散型社会形成サポートの両面から取り組んでいます。この受賞により、各種のマスメディアでの掲載とともに、環境白書や環境省の広報誌等でも紹介されることになります。

———————————————

10年前に父、母を亡くし、5年前には兄が59歳で亡くなりました。特に最も自分を理解していてくれた母の存在は大きく、兄もソウルメイトのひとりでした。バセドー病も悪化して、心身ともに辛い時期を過ごしていました。いっそ、全てやめて休みたいと何度か真剣に悩むこともありました。ここ数年は、コロナ禍の中、とてもやりにくい状況がありました。

続けてこれたのは会員さんたちの参加、こどもたちの笑顔、理解者の応援があったから。2019年4月から法人化し、支えてくれたスタッフや講師の方々にも、心から感謝しています。ありがとうざいました。受賞をきっかけに「里山の暮らし=循環型のミニモデル」が全国へ広がっていくといいなと思います。

30歳の時、人生60年として生きてきました。11月に61歳を迎え、環境教育を通じた「ひとがひとになるために必要な場とプログラム」によるひとづくり、原生林の調査・研究と1000年続く森づくり、そのふたつをテーマに次の10年に向けて、命の続く限り、歩みを進めていきたいと思います。

2024年度で里山体験の活動は20年目を迎えます。また2024年度には代表を交代し、南信州との2拠点へ移行し、青年向けの原体験キャンプに力を入れたいと考えています。風の子、海の子はこれまで通り開催できるよう人材を確保する予定です。
スポンサーサイト



[ 2022/11/23 21:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)