遠州浜松「里の家」里山の暮らし

浜松市北区都田町の里山に魅せられて、森と田んぼと畑のある里山、築120年の古民家で暮らし、みやこだ自然学校をしています。
月別アーカイブ  [ 2010年06月 ] 

夕焼けと田んぼ

暗くなるまで野良仕事をしていると、こんな風景に出会う。まだ小さい田んぼの苗がお日様にありがとうと言ってる気がする。そして、夕焼けが一日働いた自分にお疲れさまと言ってくれている気がする。一日の終わりはたぶん、「ありがとう、お疲れさま」なんだと妙に納得してしまう。

昼と夜の間、風景が青色に染まるわずかな時間を逢魔カ刻というらしい。見慣れた風景がどこか別の場所にトリップしたような、不思議な感覚がそう感じさせるのかも知れない。子どもの頃はこの逢魔カ刻まで外で遊んでいたのを思い出す。その時、感じた感覚は今も僕の身体の中にしっかりと残っていて、ずっと変わらない自分の本質になっている。

夕焼けと田んぼ
スポンサーサイト
[ 2010/06/06 23:25 ] 四季の風景 | TB(0) | CM(0)