FC2ブログ

遠州浜松「里の家」里山の暮らし

浜松市北区都田町の里山に魅せられて、森と田んぼと畑のある里山、築120年の古民家で暮らし、みやこだ自然学校をしています。
月別アーカイブ  [ 2009年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近所の梅

近所の梅
このくらいの紅色が好き。かわいい小さな実。これが食べられそうだと感じるのは無理もないが、干して塩漬けにする発想はどこから来たのだろう。しかもでき上がったものは酸っぱいし。子どもの頃は、梅干しが食べられなかった。今でも酸っぱい柑橘系はダメ。うう・・。想像しただけでダメだ。

学生時代、京都の出身の親友が家に招いてくれた時、夜半過ぎに出されたご飯と味噌汁と梅干し。その手作りの梅干しが絶品で、梅の味がほんのり残っていて、甘さもあり本当にいい塩梅だった。あれ以来、あの梅干しの味を超える梅干しに出会ったことがない。梅干しづくりに挑戦したこともあったが、まるでダメダメ。一生、あの味を再現することはできないんだろうなぁ・・。

10年前、東京にいる親友ちに遊びに行った時、彼の母親は亡くなったばかりで「これが最後の梅干し」と勧めてくれた。やはりいい味だった。人が亡くなると、その人の持っていた知恵や技、経験も一緒になくなってしまうんだと、当たり前のこととは言え、ちょっとショックだった。知恵や技、経験を引き継ぐためには、感性と知性を磨かないといけないことも知った。それだけでなく、人や自然を愛しく思う心も。

僕はまだまだ道の途中、です。
スポンサーサイト
[ 2009/04/01 23:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。